差押えを回避することはできる!?方法は?

借金返済にお困りのあなたへ

 

あなたのその借金、減額できるかもしれません。
今すぐに借金相談シュミレーター(無料)で減額の可能性をチェック!

 

 

差押えを回避することはできる?方法は?

 

督促状や差押予告がきたけれどまだ差し押さえられていない場合

今すぐに債権者へ連絡をして支払う意志があることを告げるなど対応を取ってください。まだ差し押さえられていないからといってこれらを無視していると差し押さえは執行されてしまいます。

 

まだ差し押さえられていないけれど借金返済が厳しい場合

借金返済が厳しくて不可能かもしれないという場合はすぐに債務整理を行って借金問題を解決させてください。債務整理にも色々な種類があるので、まずはあなたに合った方法を診断してみましょう(無料)。
※税金の滞納による差し押さえは債務整理で解決できません

 

すでに差し押さえをされている場合

この場合の差し押さえ解決方法は、
1.借金を一括全額返済する
2.債務整理を行う
この二択となります(税金滞納などによる差し押さえの場合は債務整理は行えません。役所等に問い合わせてください)。

 

債務整理を行う場合は、債務整理の中でも自己破産か個人再生を行うことになります。あなたにはどちらが最適な整理方法なのか無料で診断できます。

 

税金の滞納以外の差し押さえなら、債務整理をすることで解決できる可能性も!

 

まず差押えについての解説です。
差し押さえとは、借金の返済の滞納が特に深刻な者に対して執行され、
具体的には家財・金品を債権者側で取り上げられたり、給与が差押えられたりします。
このような差押えは何の予告もなく執行されるのではなく、
予告通知書が届いてから執行されます。
予告通知書が届くとパニックになり、
どうにかして今から回避できないかと思う人がほとんどです。
差押えというのは回避することは可能なのでしょうか?
借金の返済が厳しくなってきた場合に債務整理(自己破産や民事再生など)
という手段がありますが、
これらの申立手続が開始されてからは差押えの強制執行をすることはできないと
法律上、決まっています。
ですから、どうにかして差押えを回避したいと思うのでしたら、
至急これらの手続きを進めることがポイントとなります。
このような金銭問題については、
自己判断で行動せず、専門弁護士に相談して指示をもらう方がいいです。

24時間365日体制で無料相談を受け付けている法律事務所がありますので、
まずは今すぐにでも相談してみるといいでしょう。