銀行口座差し押さえ!どうすればいい? ※緊急の方は注目

銀行口座差し押さえ!どうすればいい?

 

度重なる税金の滞納や、期日約束を破った債務を抱え、
何らかの返答や連絡を行っていない場合、
市町村の行政・債権者側は差し押さえによる強制執行を取ってくるでしょう。

 

裁判所から督促状や差し押さえ通知が届いているにも拘わらず、
債務者が支払の意思を一向に見せない場合、
初めに考えられるケースとして銀行口座差し押さえに入ってきます。

 

しかし、こんな例もあります。

 

その例は、事前に差押さえの予告はせずに、
いきなり口座差し押さえ済みの通知が来てしまうケースです。

 

差し押さえ対象になるのは、未払いの債権と同じ金額の預金に対してになりますが、
もし金額が足りない場合は満額になるまで、差し押さえが永遠に続く事になります。

 

何も予告なしに差し押さえられてしまった預金に関しては、
債務者が支払義務を放棄したと見なされたも同然なので、
返還を求める事は難しいです。

 

しかし、これ以上預金が差し押さえられてしまうと
最低限の生活費に支障が出てくる場合は、
速やかに居住地の役場に交渉し、払える分だけ納めるか、
分納の交渉を行うほうが賢いです。

 

また、こういった問題に詳しい法律事務所に相談で、
差し押さえを一刻も早く止める手段を弁護士からアドバイスを受けられ、
債権者との話し合いを代理でしてもらう事ができます。

 

こちらのツールで診断できる法律事務所は金銭問題に強く、
相談を無料で受けてくれるところもあるのでとてもおすすめです。

 

いずれにせよ口座差し押さえまでの段階に来れば、タイムリミットと捉えるべきで、
債務整理の事なども視野に入れて、自分勝手な行動をしないようにしましょう。

 

自己破産電話相談こちらもオススメ!